無料メルマガ【成功起業考察】 2006年10月15日配信

本文タイトル:事業計画は、「検証」と「見直し」が大事!

前回のメルマガで、

「事業計画は、P(計画)・D(実行)・C(検証)・D(見直し)をひとつのサイクルとして、このサイクルを回し続けることが大事である」

というお話をさせていただきました。

その中で、「C(検証)」と「A(見直し)」が重要だという話も少しだけさせていただきました。

「C(検証)」と「A(見直し)」が重要であるということは、みなさんも重々理解されていることと思います。
しかしながら、実際にはこの「C」と「A」を重要視していないケースが非常に多いような気がしています。

私も、前職で計画書は嫌というほど書いてきたのですが、この「C」と「A」の部分を非常に疎かにしていたと思います。
と言いますか、会社の風土自体がそのような感じでした。

もう少し分かり易く言うと、

「計画を実行したが計画どおりにいかなかった。では、次はどんな対策を打つのか?」

というようなことに終始し、そこには、「なぜ計画とおりにいかなかったのか?」という原因を突き詰めて考える(つまり、検証する)ということがほとんどなかったのです。

検証なき対策は、白紙の状態から、また新たな計画を立てるようなものです。
このようなことをいくらやっても、いつまでたっても計画自体の精度がよくなりません。

計画の精度がよくないから、実行に移しても、いつまでたっても計画とおりにいかないという悪循環に陥るのです。
こうなっては、もう計画自体が有名無実化していると言えます。

本来、「対策」というのは、「A(見直し)」にあたる部分だと思います。
しかし、十分な「C(検証)」を経由していないがために、本当の対策=「A(見直し)」になっていないのです。

「C(検証)」をやり尽くせば、おのずと「A(見直し)」=具体的な対策案が見えてきます。
そうなると、自然と、立てる計画(修正計画)も精度が増すという理屈になります。
精度の高い計画を実行に移すから、計画とおりの成果が出すことができるようになっていくのです。

こういう風に考えると、「検証」と「見直し」は非常に大事であるが、どちらが大事かというと「検証」だということが言えると思います。
それは、「検証」のレベルが上がれば、自然と他の(計画・実行・見直しの)レベルも上がることになるからです。

あのワタミグループの渡邉美樹社長は、

「毎日毎日、事業計画を見直し、書き換えていくことこそが大切なんです!」

と、おっしゃっています。

それは、「実行した計画を細かく検証することが大事!」ということと同じことをおっしゃっているのではないでしょうか?

検証するからこそ、見直しが発生するのですから。。。

次回は、「"検証"を習慣化するには?」という記事をお送りします。

★無料メルマガ【起業書士の成功起業考察】投稿記事一覧に戻る⇒

このページのトップへ