無料メルマガ【成功起業考察】 2011年11月10日配信

本文タイトル:会社の収益性の判断材料は?

今回は、【経営分析】という内容の連続記事の4回目となります。⇒初回の内容はこちら

今回は、会社の収益性の判断材料について見ていくことにしましょう。

会社経営において、利益をあげることが最も重要なことです。

しかし、利益額が高ければ高いほどいいというものではなく、

  1 売上高に対する利益の割合

  2 投資額に対する利益の割合

の方が、利益高よりもずっと重要なのです。

1は「売上高利益率」と言いますが、業種により「売上高利益率」の平均値は異なってきます。

なので、業界の平均値と比べて自分の会社の「売上高利益率」がどうなのかを比べなければなりません。

もちろん「売上高利益率」は、高ければ高いほど良いということになります。

しかし、収益性においては、もう一つの「投資額に対する利益の割合」というのが「売上高利益率」よりも、もっと重要だと言われています。

そこで、下のA社とB社を比べてみて、どちらの方が収益性の良い会社と判断されるでしょうか?

            A社     B社
 投資金額  5,000万円  5,000万円
 売上高    2,000万円  6,000万円
 純利益     100万円   180万円

 

答えはB社ですね!

もし、収益性の良し悪しを「売上高利益率」だけでみるならば、

 A社=100÷2,000=5%

 B社=180÷6,000=3%

ということになるので、A社の方が良いという判断になってしまいます。

しかし、「投資額に対する利益の割合」でみると

 A社=100÷5,000=2%

 B社=180÷5,000=3.6%

ということになり、B社はA社を上回ることになります。

なので、収益性は「投資額に対する利益の割合」の方が重要という観点からB社のほうが良い会社ということになるわけです。

会社の経営目標は、出来るだけ少ない投資でより多くの利益を上げることですから、「投資額に対する利益の割合」が秀でているB社の方が良い会社であると結論付けることができるのです。

★無料メルマガ【起業書士の成功起業考察】投稿記事一覧に戻る⇒

このページのトップへ