商号とは?

「商号」とは、 商人が営業を行うにおいて自己を表示するために使用する名称のことなので、株式会社の場合は、「株式会社●●●●」という会社名が「商号」ということになります。

商号と商標の違い

商号とよく似た言葉の概念に「商標」というものがありますが、その違いは何なのでしょうか?

「商号」は、上記に「商人が営業を行うにおいて自己を表示するために使用する名称」と説明しているように商人の識別標識あるのに対して、「商標」は、商品や役務(サービス)の識別標識であるという違いがあります。

また、「商号」は、文字でしか表せないのに対して、「商標」は、文字だけでなく、図形や記号などで表わすことも出来ます。

また、この違いは、「不正競争防止法」と「商標権侵害」という独占権の違いにも表れてきます。

この「不正競争防止法」と「商標権侵害」については、後述するとして、次は、商号を決める際に守らなければならないルールを説明することにします。

矢印次は、商号編「商号にはルールがある!」へ進む

このページのトップへ