会計事務所の繁忙期を避けるという考え方

会計事務所には非常に忙しい時期があります。

それは、法人決算が多い3月決算処理の時期と、個人の確定申告時期の12月決算処理の時期です。

この時期と同じ3月や12月を決算月にしていると、「税理士が決算対策の検討に十分に参加してもらえない」だとか「この時期を決算月にしていると、決算申告の報酬代金が高くなる」という話を聞いたことがあります。

だから、あなたの会計・税務を依頼しようとしている会計事務所が、上記のような対応をする会計事務所であるならば、このことも考慮しなければならなくなります。

しかしながら、私個人の見解から言えば、こういう会計事務所には依頼しないということの方が優先だと思いますが…。

矢印次は、株式編「株式とは?」へ進む

このページのトップへ