株式とは?

株式とは、株式会社の資本の構成単位であり、株式会社が発行する出資証券を指しています。
法律上は、株主としての地位である「株主権」を指すことになりますが、一般的には株券そのものを指して株式と呼ぶことが多いようです。
一般に株式を持つということは、その会社に出資ことであり、間接的にその会社経営に参画することを意味します。

なお、2009年1月の株券電子化の実施により、上場株式に係る株券は全て廃止され、「社債、株式等の振替に関する法律」に基づく、コンピュータ上の登録データでの管理に移行されています。

株式と社債の違い

株式の発行は、資金調達のためにされるものですが、同じ資金調達の方法として社債というものがあります。
では、株式と社債は、一体どこに違いがあるのでしょうか?
一番の大きな違いとしては、株式が返済の義務がないのに対して、社債は返済の義務があるということですが、株式と社債には、以下のような違いがあります。

【株式について】
・出資証券(有価証券)である。
・企業は株主に対して返済の義務はない。
・株式の換金は売却による。

【社債について】
・借用証券(有価証券)である。
・企業は社債の所有者に対して返済の義務がある。
・社債の換金は償還もしくは売却による。

矢印次は、株式編「発行可能株式総数の決め方」へ進む

このページのトップへ